トルコ東部でM6.7 震源は東アナトリア断層付近

日本時間の25日(土)2時55分(現地時間24日(金)20時55分)頃、トルコ東部を震源とする地震がありました。
 アメリカ地質調査所(USGS)によりますと、震源の深さは10km。地震の規模はM6.7と推定され、震源地付近では日本の震度階級に当てはめると震度5弱から5強の強い揺れを観測しました。
トルコは、ユーラシアプレートと呼ばれる巨大な岩盤の上にありますが、周辺にはアフリカプレート、アラビアプレートとの境界が存在するなど岩盤に歪みエネルギーがたまりやすい地域です。このため国内には多くの断層があり、25日に起きた地震はこのうち東アナトリア断層の付近で発生したものとみられます。
 プレート境界に位置し、日本と同じく地震活動が活発なトルコでは1900年からこれまで死者が出た被害地震は100件を超えていて、最近ではトルコ東部で2011年10月23日にM7.1の地震が起こり、死者604人、負傷者は4000人を上回る被害が出ました。
 現地では余震も起きていて、今後も被害の拡大が懸念されます。
遮熱(日射調整)・断熱・省エネ・飛散防止(防災)・貫通防止(防犯)・UV(紫外線)カット・目隠し(プライバシーの保護)安心、安全、安い。リフォーム、下水パイプ洗浄、掃除、窓ガラスフィルム 熊本で施工するなら九州環境サービス

九州環境サービス

熊本の窓ガラスフィルム施工、リフォーム専門店です。 遮熱・省エネ・UVカット・飛散防止(防災)・防犯・目隠しフィルムなどを施工。